勤めてた飲食店が閉店。コロナで仕事がなくなった後の私の話。

寄稿記事

私、コロナが来る前までは、ヴィーガンのパティシエとして働いていました。

ヒーリングやカウンセリングもしていたけど

どちらかというとパティシエの時間の方が長かったです。

でも、緊急事態宣言でお店は閉店。

いつかはやめて、もう少しヒーリングやカウンセリングのセッションの時間を増やせたらいいなぁなんて思っていた時のことでした。

(その時のことはこちらの記事に→私、コロナで仕事がなくなりました。にひひ

社会が変化の変化に不安になる人も多いかもしれませんが…

仕事がなくなって起きたのは、嬉しい心の変化でした。

自由度が上がって、自分らしさが増しました。

「自分らしく生きていきたい」「変わりたい」と思う人にとって、この社会の変化は追い風だと感じます。

特に、親が厳しかった人、親が過干渉だった人にとって自由になるチャンスです。

私に起きた変化は、誰にでも起こせると思います。

読んでみてくださいな。

「私、コロナで自由になりました。仕事がなくなった後の話。」
https://www.ichigojyutsu.com/self-fulfillment/whatcovid19changes/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)