本当の気持ちを運んでくれるメッセンジャー「感情」の話

自分を知るための感情の話

自分らしいってなんだろう?

自分の気持ちがはっきりしない

やりたいことがわからない

自分の意見をがまとまらない

そんなふうに思うときは、感情に耳を傾けることが役に立ちます。

目の前のことが自分にとってなんなのか、大切にしたい時間や価値観は何か、

感情は、それを教えてくれるメッセンジャーだからです。

人生の羅針盤になる、感情の基本的な性質をまとめました。

感情が教えてくれるもの

感情はこんなことを教えてくれます。

目の前のできごとに自分はどう思うのか
・今どうしたいのか
・人生でやりたいこと、好きなことってなにか
・人生を変える切り口はどこにあるのか

「私には感情はないのだ」と思っていた時期がありました。

ないと言ったら言い過ぎだけど、その当時は怒り狂うこともないし、「私は冷静な方だ」と思っていました。

感情がなんなのかよくわかりませんでした。(まぁ、考えたこともなかった。)

だから人生の迷子でした。

「なんか違うんだよなぁ」っていつも思っていました。

人間関係も苦手で、相手に合わせて疲れていました。

自分の本音がわからないから、他人軸になっちゃう感じでした。

でも、感情が聴けるようになってからは、人生の目的は明確になりました。

今はやりたいことがはっきりあります。

人間関係も楽に、楽しくなりました。

人と関わることが楽しい、面白いと思えます。

感情について学んだことが私の人生を大きく変えました。

感情のシンプルな3つの性質

1、本音のメッセンジャー

感情の性質は非常にシンプルです。

本音を運んできてくれる

ただそれだけです。

ご飯に誘われて「今日は行きたくないな」

とか

休みの日に「散歩がしたいな」

もう少し大きなスケールで言うと「人生でやりたいことこれだな」

という感じです。

自分の幸せを教えてくれる、人生で満足できる要素を教えてくれる羅針盤が感情です。

でも、そんなにシンプルにはいかないのも現状だと思います。

それは、残りの2つの性質によるものです。

2、消化できないと心の奥に残る

消化できないものは心の奥に残ります。

例えば、子どもがプールで溺れたとします。

次の日から「プールに行きたくない」と言い出したら、溺れた時の怖さが残っていて、プールに行きたくないのだと想像できます。

怖さが未消化で残っている状態です。

その時に消化できなかった気持ちは残ってしまうものです。

人は消化できなかった感情を持っているのが普通のことで、それは日常の些細なところで起こります。

3、消化できれば残らない

もし、プールで溺れた子がちゃんと怖さを消化できていたら、次の日に怖さを引きずることはありません。

消化できれば残らないし、消化できなければ残る

それが感情のシンプルな性質です。

 

消化できるというのは

わーっと泣いたらケロッとしている

みたいな感じです。

 

人ってポジティブな感情はあまり残らなくて、その場で消化してしまうものです。

楽しかった思い出やすごく嬉しかったことは、少しずつ色褪せていく

それに対して嫌だったことは結構リアルに覚えている

と感じている方も多いかもしれません。

それはポジティブな感情は消化しやすく、ネガティブな感情は消化しにくい傾向があるので起きることです。

消化できなかった感情はどうなるの?

消化できずに溜まった感情は固着していきます。

辛かった感情やちょっとしたストレスを冷凍保存してとっておくようなイメージです。

ドライアイスみたいな感じです。

このドライアイスは、心の奥にいる本当の自分の上にたまっていきます。

本当の自分の声を聴きたくても、固着した感情が邪魔をしてなかなか本音を聴くことができません。

自分のことがよくわからなくなるのは、この固着した感情、ドライアイスのようなものが原因だと考えられます。

無感覚になっていく方向です。

一方で、固着した感情は大きな感情の波を起こすこともあります。

普段は感情を感じなくてどちらかというと無感覚なのに、急にイライラして自分ではコントロールできなくなったり、悲しみ、不安や孤独感があがってきて、自分ではどうにもできないなんてことになることがあります。(これ、過去の私です)

無感覚なのと感情の波が大きいこと、真逆のようですがどちらも固着した未消化の感情が原因で起きています。

感情が消化できたクリアな状態とは

感情がちゃんと消化できるとどんなふうになるのか、最後にご紹介します。

  • 自分の感じていることがよくわかる
  • 自分のことがわかる
  • やりたいことを以前より深くクリアに感じる
  • やりたいことが細部までわかる
  • オリジナリティ溢れる人生になる
  • 感情がゆったり、豊かになった感覚を味わえる
  • 心の傷が癒される
  • 自分軸がある
  • じんわり幸せが広がる
  • 物事の捉え方が以前と比べて変わる
  • 人間関係が楽で人と関わるのが心地いい
  • 親子関係が軽い
  • 身体が楽

この記事を読んだ方の感情についての理解が深まったら嬉しいです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)