「あぁ、人間関係が苦手すぎる」私のコミュニケーションが心地良くなるまで

人も自分も生かすコミュニケーション

どんな風に相手と関わればいいんだろう

どんなふうに振る舞えばいいんだろう

こういう時は、何を言えばいいんだろう

いつも困惑してばかりでした。

人間関係やコミュニケーションは「きっと永遠の課題なんだろうなぁ」と思っていました。

相手が何を考えているかよくわからないし、どうしたらいいのか正解がよくわからなかったのです。

そんな私の理想は「自分も相手も生かすコミュニケーション」でした。

現実は全然違いましたけども…。笑

人前で自分らしくいられないし、人目が気になるし、でも仕事になるとイライラすることも多かった私が自分も人も生かすなんて夢のまた夢でした。

でも、着実にその道を歩んで、変化してきました。今の自分なら、人も自分も生かすコミュニケーションも夢じゃないと思えます。

今日は、今まで学んだことを振り返ってみます。

人前で自分らしくいられない

人間関係に対する苦手意識は本当に色々ありました。

数え切れないんですが、中でもしんどかったのは、相手がどう思っているかが気になって、人前で自分らしくいられないことでした。

  • とっさに人に合わせてしまって本音が言えない
  • 人の顔色が気になる
  • 自分の意見が言えない
  • 相手と違う意見を言うこと=相手を否定することに感じてしまう
  • 否定されるんじゃないかって怖くなってしまう
  • 周りに受け入れられていない気がする

こんな感じで相手の反応を気にしていました。

相手の反応を気にするといえば、できる人やいい人でいようとしてしまうのも非常に窮屈でした。

相手への印象をコントロールしたいので、話している途中で何喋ってるかわからなくなる、なんて事もよくありました。

おかげで、自分の本音がどこにあるのかわかりませんでした。

当時の日記を読み返したら「〜すべき」みたいなことがたくさん書いてあって、自分の本当の気持ちなんて書いていなくって、、日記にすら本音を書くことができてないんです。

まぁ、重症ですね。笑

「なんでそうなるの?」職場でのイライラ

「なんでわかんないの?」

「なんでできないの?」

「もっとこうすればいいじゃん」

職場では、イライラすることが多かったです。普段そんなに怒ったりするタイプでもないんですけど。

自分が何かを教える立場、まとめる立場になった時は、一人ひとりの個性がうまく噛み合う職場になったらいいなと思っていたし、それぞれのやり方で結果が出たらいいと思っていました。

そういう場が作れたらいいですよね。でも、現実はうまくいきませんでした。

自分と違うペースの人、違う意見をなかなか認められませんでした。今振り返ると自分のやり方が一番正しいって感じでした。(お恥ずかしい限りです…)

「もっとこうした方がいい」といつもベストを目指している感じだったのかもしれません。

マネージャーになって、中間管理職だったときが一番つらくて、相手が言われたら嫌だって予想できる一言をつい言ってしまったり、怒りが態度に滲み出てしまう自分が嫌いでした。

ちなみに職場でイライラして、相手への怒りが滲み出てしまった時も、後から相手がどう思うかずっと気になっていました。

「気になるくらいなら最初から言わなきゃいいのに」って思うんですけど、言うは易し、行うは難しでした。

自分も相手も生かすコミュニケーションに必要なもの

そんな私も、今では人との関わり方はだいぶ変わったなぁと思います。

人前で自分らしくいられなくて、相手にどう思われるか怖いって感じていたのに、今ではそんな気持ち忘れてしまったのでしょうか…笑 あまり気にならなくなりました。

あんなに職場でイライラしていて、話しにくい・相談しにくい上司だったのに、今では「話しやすい」とか「色々相談できる」とか言われるようになりました。

ヒーラーやカウンセラーなんて絶対できない感じでしたが、今では「向いてるね」「話聴くのが上手」なんて言われます。

今、もう一度あの頃の職場に戻ったら、もっとうまくできるんじゃないかと思うんです。

私がこれまでに学んだことを振り返ってみました。

きっと、あの頃の私が知りたかった「人も自分も生かす」コミュニケーションの基礎になるエッセンスです。

自分の好きなコミュニケーションでいい

どんな人とでも仲良くできる自分

空気が読めて人の気持ちがわかる自分

になろうとしていました。

だから、色んな人と話さないといけない気がして、無理に明るく「いい人・好かれる」として振る舞ったり、職場では周りを俯瞰して見る「できる人・優秀な人」でいようとしたりしていました。

合わない人を受け入れられない自分を責めたり、できない自分を嫌いになりながら、でも、そんなネガティブな気持ちには、なるべく気がつかないようにして頑張っていました。

「どんな人とでも仲良くなれるのがいいこと」「誰にでも好かれる方がいい」と育てられたので、自分の好きなコミュニケーションに気が付きませんでした。

明るく、楽しく、どんなタイプの人とも仲良く盛り上がれることがいいと思っていたから、せまく深く、のんびり、静かに、話したい人とコミュニケーションをとってもいいと思えなかったんです。

好きなコミュニケーションスタイルで人と関わることを自分に許しました。

楽に、心地よくなりました。

ダメな自分を諦めたら楽だった

人前で明るく振る舞えない自分、空気が読めない自分、職場でイライラしちゃう自分は消してしまいたかったです。

もっと、違う人になりたかった。

そうやって、自分のこと全否定しているのが辛かったです。

いっそのこと、人前で自分らしくいられない自分も、イライラしちゃう自分も諦めてしまえば楽でした。

相手に怒りを表現するかどうかはまた別の話なんだけど…でも「イライラしちゃう自分でもいい」そう思ったらなんだか楽になったことがありました。

体の周りをぎゅっと押さえつけていた重さが、ふわっと取れたような感じでした。

この自分を許す優しさが、相手を受け入れる優しさになりました。

「私も、ダメなところあるんだから、相手もダメなところがあってもいい」

そう思えるようになったからです。

相手は自分と違ってもいい

「相手が自分と違ってもいい、って思えるといいよ」

そんな言葉を言われたことがありました。

別に「違っちゃダメだ」なんて思ってるつもりはなかったんだけど…。

でも、確かに自分と相手は同じ考えを持っているように感じていました。

どうやら、相手に対して「なんでできないの?」ってイライラするのは、自分と同じようにするのが当たり前だと感じていたからのようです。

逆に自分に対して「みんなできるのに、なんで私はできないんだろう?」って思うこともよくありました。

私は相手と違っていい

相手も、自分と違っていい

違ってもいいと思えるようになったことは私のコミュニケーションを自由にしました。

自分の話を聴く

人の話って、自分の話を聴いてないと聴けないようなんです。

結局、好きなコミュニケーションスタイルがわかったのも、ダメな自分を受け入れられたのも、人との違いが見えるようになったのも、全部自分の話を聴いたからでした。

私はいつも「いい人」「できる人」でいるように頑張っていたので、本当の自分の声はいつも無視してしまっていました。

だから、相手の言い分にも耳を傾けられなくて「普通こうするでしょ」「こうすればいいじゃん」ってなっていたんですね。

でも、本当は私はどう感じていて、何を思っているのか、ちゃんと聴けるようになったら、自然と「じゃぁ相手はどうだろう?」って発想が変わりました。

自分の声を聴くことが、コミュニケーションの質を変える要だと確信しています。

相手との距離を調整する

心の距離感について学び始めたことは、私の人間関係をガラリと変えました。

心の距離感って聞いたことあるでしょうか。

感情の取り扱いを学んだときに、自分の感情と適切な距離感を保つトレーニングをしました。自分の感情にのみ込まれて、言動が感情に振り回されないようにするためです。

そうすると、人との距離感の掴み方が上手になったんです。

自分の感情との適切な距離を保つ力と、他者と心の距離感を適切に保つ力は同じだからです。

そうなってくると相手のことに口出しせずに見守れるようになったり、今まで気になっていた相手の一言が気にならなくなったりしました。

相手から受け入れられないんじゃないかという不安、決めつけられるイライラも自分で距離感を調整することで減らせるようになっていきました。

今まで相手に受け入れられないのが怖くて、あえて無関心を装うなんてこともありました。わざと距離を遠くにしていたんです。傷つきたくなくて…。

心地いい、いい塩梅でコミュニケーションって、距離感で決まるんだなって思いました。

そもそもコミュニケーションとは自分の世界と相手の世界の情報交換です。

それぞれの世界の境界線と適切な距離がなければ、情報交換が成立しないんですよね。

伝え方を学んだ

「だからってそんな言い方ないでしょ」

「わかってるけど、そんなこと言われたって!」

「できたらやってますよ!」

私もそう思うことはたくさんあったように、なんでも伝え方次第で、相手が受け取りやすいタイミングと受け取りやすい言葉があるんだと思います。

私は自分の思っていることをどう正確に表現するかを大切にずっと生きてきました。で、それをそのまま相手に伝えれば、それでちゃんと伝わると思っていました。

自分にとっての正確さが大事だったんですよね。

でも、人に伝えたい、わかってほしいと思ったら、多少言葉が間違っている気がしたとしても、相手の言葉で、相手の様子を見て伝える方が全然伝わる気がします。

どう表現するか、どう伝えるか、人と関わる中でたくさん学んでいきました。

これからもずっと、学ぶのだと思います。

なんか、人との関係性において、正しいことはいつも正しいとは限らないんだなぁ…なんて思いました。

正しいことは、使い方次第で誰かを傷つける凶器になってしまうんですよね。

私は正しいことを凶器にするタイプでした。今となっては、凶器を向けた方々にお詫びしたいです。笑

大事なのは正しさじゃなくて、目の前にいる誰かでした。

失敗しても、やり直せる

私、人間関係苦手なのにシェアハウスに住むことが多かったんです。笑

表向きは仲良いし、トラブルもないんですが、あんまり相手と親密になりすぎないようにすることが多くて、興味のないふりをしていました。

興味ないっていうか「細かいことはいいや」って感じで諦めていました。いい意味で。器の広い人みたいな感じですかね。

色んなことが気にならない、大雑把な人でいれば、文句も言わなくていいし、争い事が起きなくて楽だと思ったんです。

でも、ちょっとしたきっかけがあって、自分の思っていることを伝えたことがありました。

生活の中で嫌なこととか、もっとこうしたいとか、そういうのです。

最初は上手に伝えられなくて怒りだけが伝わってしまうこともありました。

怒りって関係性を壊す感情だから、怒りが相手に伝わったらもうその関係性って終わりだと思っていました。

でも、話すうちに、言いたいことを言って、お互いに理解が深まったことがありました。

相手も私のことがよくわかっていなかったし、私も相手のことがよくわかっていなかったんです。

そのとき、人間関係って、失敗してもやり直せるんだって学びました。

今は、つい感情的なことを言ってしまったり、言い方を間違えて一回で伝わらなかったとしても大丈夫、ちゃんとやり直せるって思っています。

この安心感で、人間関係が楽になったなぁと思います。

おわりに

コミュニケーションはずっと人生の大きなテーマで、苦手意識はずっと変わらない気がしていました。

でも、続けてきて、最近は「コミュニケーションとは何か」その定義が私の中で大きく変わったと実感しています。

それは、自分の気持ちをよく聴くことができるようになったことがターニングポイントでした。

自分を大切にすれば、相手の大切にできる

「よく聞くけど、本当かなぁ」って思っていたことは本当でした。

あんなに苦手で仕方なかったコミュニケーションは、仲良くなりたい人との架け橋になってくれるもの、私の世界を広げてくれるもの、大切な人に大切だと伝えるためのツールになりました。

また、日々の生活の中で取り組んだことをコラムにしようと思います。

今日はざっくり総集編。

読んでくださってありがとうございました。

よかったら感想もお待ちしています。

感想はこちらのフォームから。

コラムの更新情報はメルマガでしています。イベントのお知らせもしているのでよかったら登録してくださいね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)