決めつけられると腹がたつ。決めつけてくる人を受け流すヒント

人間関係

何かと決めつけてくる人って周りにいませんか?

「あなたって○○だよね」

まだ意見を言っていないのに
「あなたはこう思っていると思うんだけどさ」

イラっとしませんか?

私は決めつけられるのはそれはもう大嫌いで、かつては「お前が決めるなー!」「決めつけてくるやつは死ねー!」くらいに思ってました。笑

でもそれっていちいち相手に振り回されて、本当に疲れるんですよね。

今回はそんな「決めつけアレルギー」だった私が決めつけられても柳に風、受け流せるようになった過程を振り返って、決めつけられると腹がたつ原因受け流せるようになるヒントをお届けしようと思います。

「決めつけられると本当に腹がたつ!」という方は是非読み進めてみてください。

決めつけられると腹がたつのはなんで?

まずは決めつけられると腹が立つ原因から解説していきます。

怒りというのは自分の大切なものが傷つけられた時に感じる感情です。

防衛本能みたいなものです。決めつけられた時に傷つけられそうになって守りたくなるものはふたつあります。

①自分のエリアが侵害されている

こんな話があります。ある日の満員電車の中で、具合が悪くて吐いてしまった人がいたそうです。

満員電車でもうこれ以上人が乗れないという状況だったにもかかわらず、嘔吐物の周りには何人か立てるくらいの空間ができたそうです。

人には他人に侵入を許さない個人空間があります。

満員電車に乗る時もある程度、その空間を保って乗っているということです。

でも緊急事態だったのでその個人空間さえも諦めて多くの人が避けたのだと思います。

この個人空間は肉体的にも心理的にも存在します。

決めつけられると腹がたつのは本来自分が決めるべきことを相手が決めることで、心の個人空間に相手が土足で踏み込んでくる感じがするからです。

②自尊心が傷つく

決めつけられると自尊心も傷つきます。

自尊心とは自分のことを大切にしたり、認めたりする気持ちのことです。

決めつけられると「本当はこう思っているのに…」「本当は違うのに」と本音をないがしろにされた気持ちになりますよね。

自分の本当の気持ちがないがしろにされて自分のことを大切にできないのだから怒りに変わるのは普通のことです。

自分のことを大切にしようとする気持ち(=自尊心)を守ろうとして怒りがわくのです。

相手が自分だけの心のエリアに踏み込んでくること、そのことが原因で自尊心が傷つくことが決めつけられるとイラっとする主な原因です。

でも実は相手が好き勝手言う自由もあります。

同時にこちらにも自分の領域に相手を入れるか、自尊心を傷つけさせるかこちらが選ぶ自由があります。

相手がいくら決めつけてきてもそれを受け入れなければいいのです。

でもイラっとして反応的になっていると、なかなか受け入れないという選択肢が持ちずらい状況かと思います。

反応的に受け入れてしまってイラっとするという感じではないでしょうか。

ここからは相手の決めつけを受け入れてしまう原因を見ていきます。

相手の決めつけを受け入れてしまうのはなぜ?

 

①境界線が薄い

相手の決めつけを受け入れてしまう場合はもともと人との境界線が薄いと考えられます。

それは人との距離感が近いとも言えます。

個人空間はあるのですが、その境界線が曖昧でなんでも受け入れてしまう感じです。

この個人空間人との距離感はどうやって決まるのでしょうか。

それは主に親子関係です。

幼い頃から自分の心の空間を大切に育てられた場合は自分の個人空間がしっかりできあがるので周りが何を言おうとあんまり関係ありません

「あなたって空気読めないよねー」とか言われたとしても「そうなんだ、この人から見るとそんな風に見えるんだな」くらいの感じです。

親が子どもを大切に育てようとすることは、残念ながら子どもの心の空間を大切にしない育て方であることが案外多いです。

親が自分の好みや考え方にあれこれ口出しをしたり、やりたくもない習い事に将来のために通わせたり、人としてすべきだと親が考えることをやらせたり…無意識に本人が親に合わせてしまった意思が尊重されなかったと子ども本人が感じればそれは心の空間を大切にされなかったことになります

つまり、過干渉な親に育てられると心の空間を築くことができず、誰かがそこに入ってくるのを許すのが普通の状態になっていきます。

決めつけられるのが嫌だという人は、幼い頃から親に決めつけられた感覚を持っている人も多いのです。

②人に合わせるパターンを持っている

言うことを聞かないと親に怒られた、もしくは親が不機嫌になった、と言う人は多いかもしれません。

実はこれ、コントロールと言います。

自分の考え方や価値観を相手に受け入れさせるためにそこから外れてしまった時に怒ったり、不機嫌になることで相手をコントロールしようとしているということなのです。

コントロールされた子どもは親に合わせるようになります。

親のルールを読んで、それに合わせて親が不機嫌にならないように振る舞います。

また親が喜ぶことも観察して自分に取り入れたりすることでしょう。

こうやって人に合わせるパターンを持っていると人との距離感は近くなり、自分の心の空間はなかなかできあがりません。

そして人に合わせるパターンから理不尽なことでも受け入れようとする傾向を持つので相手が好き勝手にいう決めつけを受け入れやすくな土台を作ってしまうのです。

相手の決めつけを受け入れない方法

相手からの決めつけを受け入れないためにはとにかく相手との距離感を保つこと、そして心の個人空間をしっかり育っていくことです。

ここからは具体的な方法をご紹介します。

色々試した中で「心の中でおうむ返し」「主語を意識する」「相手への共感」の3つが効果的でした。

そして根本的な解決策としては「親に決めつけられた体験を癒す」というのが有効でした。

心の中でおうむ返し

相手が言ったことを一字一句心の中で繰り返します。

繰り返すことに集中していると相手の言葉はただの言葉になり、それ以上でもそれ以下でもない状態になります。

相手に決めつけられていると感じる暇もないくらい相手の言葉を繰り返すことに意識を集中させましょう。

繰り返すことで相手は自分とは別の存在なんだということを感覚的に理解することができます。

ただ聞いているだけだと無意識・無防備かもしれませんが、繰り返すことで相手がおうむ返しをする対象=自分とは別個の存在として認識されるからです。

また、同時にこんなイメージも有効です。

卵型のカプセルに入って、表面が鏡になっています。

相手の言葉をおうむ返しして繰り返していると、相手の言葉は鏡の表面をツルツル滑ってこちらに届くことはありません。

苦手な人が近くに来た時、イメージを持ってやって見てくださいね。

主語を意識する

「顔色がわるいよ。睡眠不足だね。」
きっと心配して言ってくれるこの一言、私は苦手でした。

睡眠時間なんて、相手に伝えてないのに睡眠不足だと決めないでほしいんですよね!笑

ひねくれているでしょうか。

こんな感じで、話し言葉だとつい、主語が省略されがちです。

「あなたは寝不足」と言いたいのか「私はあなたが寝不足に見える」と言いたいのか分からなくなってしまいます。

決めつけられているように感じる時は勝手に主語をつけて理解するようにすると少し落ち着きます。

主語をつけて相手が言わないので勝手にこちらが主語をつけて理解するわけです。

「私はあなたが寝不足に見える」って言いたいんだな、という感じです。

相手の距離が少し遠くに感じて、自分の領域を守れる方法です。

相手に共感する

ちょっと意外かもしれませんが、相手の状況を理解するというのは距離感を保つために有効です。

例えば相手が寝不足が原因で体調不良になって会社を休んだ経験があるとします。

そうすると顔色が悪くて具合が悪そう=寝不足 という思考回路理解できます。

そこまで理解できると寝不足だと判断する相手の事情がわかるので一気に他人事になります

寝不足だという判断が相手の領域の中で起きている、相手の事情として完結してしまう感じです。

事情を理解してないと、こちらの常識で相手を判断することになるのでなかなか距離感が近い状態になります。

これは私の体験なんですが、疲れている時にフィリピン人に「ごはんをちゃんと食べないから疲れるんだ」とか言われたんです。

いつもならイラっとするところだったんですが、フィリピンって1日5食食べるし、お米以外の食事は食事とは言わない、みたいな文化があります。

お米食べないと体壊すとかいうお母さんもいるくらいです。

私はその文化を知っていたので、あんまり腹が立ったりすることはありませんでした。

相手には相手の文化があってその文化の中で物事を判断しているのだからただの文化の違いだと思えたんです。

相手の文化を尊重することで、自分とは別個のものとして感じることができて、相手の距離が一気に遠くなったのでした。

だから同じ日本人であってもなぜそういう風に感じるか相手の文化を知っておくことは重要です。

そしてその文化に共感して、そう言う考え方もあるよね、と思えた時に自分の心のスペースが保たれます。

自分の心のスペースを保つことは相手の心のスペースや文化を大切にすることでもあるのだと思います。

過干渉の傷を癒す

親に決めつけられたという経験が境界線を薄くし、人との距離感を近くしたり、自分の心のスペースを築くことを邪魔してしまいます。

そして親に決めつけられたと感じると、大人になってからも決めつけられるのが嫌になります。

過去の決めつけられて嫌だった想いや、傷が疼くからです。

決めつけられた時に感じた「本当は違うのに!」という怒りも刺激されて復活します。

親に決めつけられてできた心の傷というのは決めつけられると腹がたつという心理的反応のとっても根本的な原因なわけです。

この傷を癒して心理的な反応パターンから自由になる方法を最後にご紹介しようと思います。

実は一番これが効きました。

決めつけられて何が腹がたつって、わかってもらえないことだと思いませんか?

「え、なんでそうなるの」「本当は違うのに」なんて言い返したくなりますよね。

相手にわかってもらえなくてもそれでいいはずなのに。気持ちがついていかないのは満たされなかった想いが傷になっているからなんです。

そういう時はそのままの気持ちをとにかく感じるようにします。

紙に書いたりするといいです。

親に決めつけられたりわかってもらえなくて辛かった時の感情や感覚は受け止めきれずに心の奥底にたまっています。

それを、思い出してもう一度受け止めてあげること傷を癒すことにつながります。

あの時本当に嫌だった、というのを思い出してじっくり感じてみてください。

繰り返していると傷が癒えてきて、決めつけられてもなんともなくなる日が近づいてきます。

傷の癒し方についてもう少し細かくステップが知りたい方はこちらの記事を見てみてください。

まとめ

本当は人生を決める権利なんか他人にはなくて、思っていることも、感じていることも、もちろん選択もぜんぶ自分自身が決めるのです。

だからもうあれこれ言う人に振り回されるのは終わりです。

決めつける人は決めつける人、自分は自分です。

相手が決めつけていたって、本当の意味で決めることなんて到底できないのです。

そして、相手が正確に自分のことを理解しなくたって別にどうでもいいことなんです。

これを読んだ方が、決めつけられても何とも思わない、自然とそう感じる日を迎えることを願っています。

「自分らしい人生を描くヒント」メルマガでお届けにしています。登録はこちらから→メルマガ登録

「過干渉の傷を癒すセッションを一度体験してみたい」方→体験ヒーリング

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)