決めつけられると腹がたつ。決めつけてくる人を受け流すヒント

人間関係

何かと決めつけてくる人って周りにいませんか?

「あなたって○○だよね」

まだ意見を言っていないのに
「あなたはこう思っていると思うんだけどさ」

イラっとしませんか?

私は決めつけられるのが、それはもう大嫌いでした。

かつては「お前が決めるなー!」「決めつけてくるやつは死ねー!」くらいに思ってました。笑(激しいですねー)

でもそれっていちいち相手に振り回されて、本当に疲れるんですよね。

今回はそんな「決めつけアレルギー」だった私が決めつけられても柳に風、受け流せるようになった過程を振り返って、決めつけられると腹がたつ原因受け流せるようになるヒントをお届けしようと思います。

「決めつけられると本当に腹がたつ!」という方はぜひ読み進めてみてください。

決めつけられると腹がたつのはなんで?

怒りというのは自分の大切なものが傷つけられた時に感じる感情です。

防衛本能みたいなものです。決めつけられた時に私たちが守ろうとするものはふたつあります。

自分のエリアと自尊心です。

①自分のエリア

こんな話があります。ある日の満員電車の中で、具合が悪くて吐いてしまった人がいたそうです。

満員電車でもうこれ以上人が乗れないという状況だったにもかかわらず、嘔吐物の周りには何人か立てるくらいの空間ができたそうです。

人には他人に侵入を許さない個人空間があります。

満員電車に乗る時もある程度、その空間を保って乗っているということです。

でも緊急事態だったのでその個人空間さえも諦めて多くの人が避けたようです。

この個人空間は肉体的にも心理的にも存在します。

決めつけられると腹がたつのは、心の個人空間に相手が土足で踏み込んでくる感じがするからです。

そこには自分の考えや感覚があります。本来は自分が決めるべきことを相手が決めるなんて、腹が立って当然です。

②自尊心

決めつけられると自尊心も傷つきます。

自尊心とは自分のことを大切にしたり、認めたりする気持ちのことです。

決めつけられると「本当はこう思っているのに…」「本当は違うのに」と本音をないがしろにされた気持ちになりますよね。

自分の本当の気持ちがないがしろにされる=自分のことを大切にできない悲しみが怒りに変わるのは普通のことです。

でも、実は相手が好き勝手言う自由もあるんです。

そして同時に、こちらには「自分の領域に相手を入れるか」そして「自尊心を傷つけさせるか」選ぶ自由があります。

「私の領域には入らないでください」

とお断りする自由があります。

だから相手がいくら決めつけてきてもそれを受け入れなければいいのです。

でも反応的にイラっとするという感じが多いのではないでしょうか。イラっとするのは受け入れているから起きる反応なので、時すでに遅し、という感じです。

私もこれには本当に苦しみました。

イラっとしたら、いくら頭で考えようと無駄なんですよね。(いくらなだめても、本当にムカつくんだもん。。)

なぜ相手の決めつけを反応的に受け入れてしまうのでしょうか。この原因にアプローチすることが決めつけてくる人を受け流すヒントになります。ここからは原因と対処法のご紹介です。

相手の決めつけを受け入れてしまうのはなぜ?

①境界線が薄い

相手の決めつけを受け入れてしまう場合はもともと人との境界線が薄いと考えられます。それは人との距離感が近いとも言えます。

個人空間はあるのですが、その境界線が曖昧でなんでも受け入れてしまう感じです。

自分の予定を決めていても相手に合わせてしまう、とか相手の意見を聞くうちに自分の意見がわからなくなってくるとか、そういう人は境界線が薄い可能性があります。

この境界線の薄さは主に親子関係で決まります。

幼い頃から自分の意見や感覚を大切に育てられた場合は自分の個人空間がしっかりできあがり、境界線がくっきりします。それを大切にする事が当たり前なので周りが何を言おうとあんまり関係ありません。自分の心の個人空間を大切にして相手を入れない選択をできるからです。

逆に過干渉で育てられて、個人空間を築くことができないと、誰かがそこに入ってくるのを許すのが普通の状態になっていきます。

例えば、親が自分の好みや考え方にあれこれ口出しをしたり、やりたくもない習い事に将来のために通わせたり、人としてすべきだと親が考えることをやらせたりした場合です。

だから、決めつけられるのが嫌だという人は、幼い頃から親に決めつけられた感覚を持っている人が多いです。

②人に合わせるパターンを持っている

言うことを聞かないと親に怒られた、もしくは親が不機嫌になった、と言う人は多いかもしれません。

実はこれ、コントロールと言います。

自分の思い通りに相手が動かない時に怒ったり、不機嫌になることで相手をコントロールしているということです。

コントロールされた子どもは親に合わせるようになります。

親のルールを読んで、それに合わせて親が不機嫌にならないように振る舞います。また親が喜ぶことも観察して自分に取り入れたりすることでしょう。

こうやって人に合わせるパターンを持っていると人との距離感は近くなり、自分の心の空間はなかなかできあがりません。

つまり、親が過干渉だと決めつけられた時に反応的にイラっとしやすいということです。そして、日本の親は過干渉の傾向です。

自分のできなかったことをやらせてあげたい、幸せになるためにこれをしてあげたい、と思うのが親心、という国です。悪気はなくても自分の価値観や考えを子どもに押し付けてしまい、過干渉になってしまいます。

相手の決めつけを受け入れない方法

まずは自分を責めない

決めつけられてイラっとする自分を好きな人っていないと思います。私もイライラしちゃう自分が嫌でした。でも、決めつけられてイラっとするのは簡単に止められません。

それは幼い頃、過干渉に育てられた時に感じた想いを刺激するからです。「分かってもらえてない」「話を聴いてもらえない」自分が大切に扱われていない感覚が再び蘇り「いい加減私の気持ち大切にしてよ!」というメッセージが聞こえてきているのです。だから自分を責めずに、嫌だという気持ちに寄り添ってあげてください。

自分の声を聴く

私は気持ちに寄り添っているうち、ほんの些細なことなのに悔しくてよく泣きました。自分で「こんなことで泣いてんのかよ。笑」って笑っちゃったくらいです。

何が嫌だったのか、まず自分の声を聞いてみてください。「自分の気持ちや考えを大切にしたい」「自分の領域に踏み込まれて嫌な気持ちになっているよ!」という心の叫びを聞くことが自分を大切にし、自分の領域を守ることにつながります。それが結果的に相手との距離感をつくっていきます。

過干渉の傷を癒す

決めつけられた時のイライラは過去に体験した想いが刺激されたものです。これは当時感じた想いが冷凍保存されて心の奥に沈んでいるような状態です。

この想いは心の奥に沈むとになって残ります。この傷がイライラの原因なら、受け流せるようになるためには傷を癒すのが一番の近道です。傷が癒えれば、決めつけられても柳に風、何事もなかったかのように流せるようになるものです。

まとめ

相手が決めつけていたって、本当はどうでもいいことのはずですよね。勝手に言っているのですから。相手が正確に自分のことを理解しなくたって別にどうでもいいことです。

それでも「なんでわかってくれないの?」って嫌な気持ちになるのは、過去に感じた傷が原因です。

過去に親にわかってもらえなかった想いや自分のペースで行動できなかった感覚が溜まっていて、気がついて欲しくて疼いているのです。話を聞いて、その想いを癒してあげられる時が決めつけられた時のイライラからも自由になる時です。

傷の癒し方について自分でできるステップが知りたい方はこちらの記事を見てみてください。

効果的に効率よく傷を癒したい方はこちらのセッションをどうぞ→体験ヒーリング

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)