厳しい親に育てられた人だけが分かる「あるある!」と自分が欠けている感覚

親子関係

厳しい親に育てられた人だけがわかる「あるある!」っていうことありますよね。

親が厳しいと我慢することが増えるばかりではありません。

案外その後の人生にそのことが響いたりします。

自分は人と比べて欠けている気がする、人目が気になって人前で自分らしく振るまえない、という感覚の原因になることが多いです。

自分のことを大切に感じられない・重要に感じられない傾向もあります。

ここでは親が厳しい人ならわかる「あるある」と感じること、その後の人生に影響する自分が欠けているような感覚満たしていくための対処法についてご紹介します。

親が厳しい家で育った人だけがわかる「あるある」

親が厳しい家で育った人ならこんな経験やこんな気持ちになったことありませんか?

いつも先に帰らなければならない

門限があるから。

友達の家に泊まりに行けない・友達や彼氏と旅行に行けない

友達の家は良くて旅行はNGなど家によって決まりは様々。

行くには許可が必要。許可を取るのも一苦労…。

何かをお願いするときには事前準備をしていた

親の機嫌が良さそうな時を見計らって、事前に家の手伝いなんかをして印象をよくして、何通りもの返事を考える、なんて言ったら許可が下りるか考えるなど、結構、大変

同情を誘う作戦は失敗に終わった

みんなと同じことがしたくて、同情を誘ってみたけど「他の家は関係ない」「自分は自分でしょ」などもっともらしいことで突っぱねられる。

服をなど何かを選ぶときに親になんて言われるか考えてしまう

親が認める服しか買ってもらえなかった、服装にけっこううるさかった。親の好みに合わないと批判されたりした。

自分の着たい服があるのに親の選んだ服を着なければならなかったことがある

ついた嘘と罪悪感

やりたいことをするためにつかなくちゃいけない嘘もたくさんあったけど罪悪感でいっぱい。

他の家の子になりたいと思ったことがある

もしあの子の家の子だったら…と妄想しては現実に気分が暗くなった。なんで自分だけ…みたいな気持ちも。

自分には人並みの経験がない気がする

みんなが当たり前にしてること、諦めてきた。なんだか経験値が低い気がする。

正しいことがなんなのか考えてしまう

親が色々言ってくるのはなんとなく正しい気もしてしまう。でも本当は受け入れたくない。

世の中で正しいことって一体なんなんだろうとわからなくなってしまう。自分が正しいことから外れていないかもチェックしてしまったりする。

親が厳しかったら、「分かる…」と思うことも多いのではないでしょうか。

親に色々干渉されると、自分はダメなんじゃないか、という気分になったりしませんか?

周りの人と比べてなんだか劣っているような気持ちになったり、経験が少ないこと、親に許可を取ったり交渉したりしないとみんなと同じことが許されなくて恥ずかしいような気分になったりもするかもしれません。

その思いは案外その後の人生に影響を与えている可能性があります。

例えばこんな感じ、ありませんか?

  • 自分がどこか欠けている存在のような気がする
  • やりたいことがいまいちわからない
  • 自分がどんな人なのかわからない
  • 人前で自分らしくいられない
  • 人にどう思われているのか気になる
  • 人と比べてしまう
  • 言いたいことを言えない
  • 無気力感を感じる

親に干渉されると、このように感じる傾向が強くなります。

こんな感覚を抜けて自分に自信を取り戻すにはどうしたらいいか、解決策を書いてみたいと思います。

欠けている感覚から満たされた自分へ

 

やりたかったことをやってみる

繁華街に行っちゃダメ、カラオケに行っちゃダメ、映画もダメ…夜遊びに旅行、ダメだと言われていたことって色々あると思います。

今ならできそうなことってありますか?

できそうなことがあったら、あの時できなかったことをするという気持ちで一度やってみてください。電車の中でお菓子を食べるとか小さなことでもなんでもいいです。笑

今からでもやってみると満たされることもあります。

過去に満たされなかったことは今やって満たしてもいいのです。

ちょっとやってみて満たされた感覚があればもういいやと思うまでやってみてください。

やっちゃダメだと思うことをやってみる

いまでもその影響でやっちゃダメだって思ってることってありますか?

もしあれば、一度やってみたらどうでしょうか?

服装に色々口出しされていた方は、思い切り好きな服を着て街を歩くとか、ダメって言われていた系統の服をあえて着てみるとか。

親に言われたからダメだって思い込んでいるものって案外あるものです。

実際行動に移してしまって、親の価値観から自分を自由にしてあげてください。

実際に行動してみると親がダメだと言ってたことは一つの意見だったんだということが認識しやすくなると思います。

自分がやったことにも目を向けてみる

周りがやっていて、自分ができなかったことがたくさんあると羨ましいですよね。

周りができたことではなく自分がやったことに目を向けてみるのはどうでしょうか。

どんなことをして過ごしていたか少し振り返ってみて、自分には自分の時間が流れていたことを確認します。

その中で自分が頑張ったことや得たことがあればぜひもう一度受け取ってみてください。

部活動をがんばったときのことを思い出してみるとか、こんな料理が作れるようになったとか、なんでもいいのです。

自分が生きて来た時間でみんなができて自分にはできないことも確かにあったと思うのですが、できたことをマイナスにしてしまうのは劣等感や自分が欠けている感覚の原因になります。

少し広い範囲で認識してみると欠乏感や劣等感のようなものが和らいでくるかもしれません。

感情を使って傷を癒す

とはいえ、やっぱりそんなにすぐに受け入れられるものでもないという感じもあるかもしれません。

嫌な記憶は感情とセットになって心の奥に沈んでいます。

ここから感情が離れてクリアになると、ただの記憶になって嫌な感じはなくなります。

感情をクリアにするためにはそのときどんな風に感じていたかをきちんと感じてあげることが必要です。

できればノートか何かに素直な気持ちを書いてみます。

感じた分感情はクリアになって行くので少しずつ自分が欠けている感じもなくなってくるかもしれません。
(感情を使って傷を癒す方法、詳しくはこちら

本音に耳を傾ける

このような家庭環境で育つとなかなか本来の自分が育たなかったというケースが多いと思います。

それは、自分がない感じ本当の自分がよくわからないやりたいことってよくわからないという感覚を抱かせることになります。

実はそれが自分が欠けている感覚につながっています。

今から本来の自分を育て直すことで、自分がどんな人なのか理解を深めて、自分を満たすことができます。

本来の自分を育てるとは本音を感じて、行動に移してみて、違ったらまた考えて、もう一度…という感じで本音に耳を傾けながら本音に沿った行動をしていくことです。

最初からわからなくても大丈夫です。

本音は本当に小さいので分かりにくいのが通常です。

聞こえにくい小さな本音に耳を傾けて、自分と相談する、このひと手間が自分を丁寧に扱うことになり、少しずつ自分のことを満たしてくれます。

ぜひお試しください。

小さなところから行動してみる

いきなり本音とか言われてもって感じかもしれないのですが、食事や飲み物、帰り道など小さなところから始めるのがオススメです。

いま何が食べたい気分か、どっちが好きか、どの道を通って帰りたいかなどです。

はっきりした答えが見つからなくっても自分に問いかけて考えた時間が積み重なって自分を大切に扱った記憶が残っていきます

専門家に相談する

厳しい親に育てられて、自分が欠けている感覚を抱くのは自尊心が傷つけられているからです。

傷ついた自尊心を癒して、自分が欠けている感覚を満たしていくのは自力だと大変な場合もあります。

今回ご紹介した「あるある!」に共感する場合、親はけっこう過干渉だと考えられます。

過干渉な親に育てられた場合は心の深いところに傷を負っている可能性もあるので自力で欠けている感覚を満たそうとするのは時間がかかるかもしれません。

人生100年時代と言われていますが満たされた自分でやりたいことを掴んでからが本番だ、と思う方は専門家に相談して時間短縮をはかるのも手だと思います。

インナーチャイルドを癒すカウンセリングやエネルギーワーク・感情をクリアにするためのサポートなど検討してみるといいかもしれません。

まとめ

厳しい家に生まれると、自分が欠けたような感覚になるのは普通のことです。

でも、本当は欠けてなんていないのです。

親子関係でついた傷がそのように感じさせるだけのことです。

傷を癒せば本当は欠けてなどいないということに気がつくはずです。

そのことを思い出すためにご紹介した方法がお役に立てば嬉しく思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)